FXの面白さを考えてみた

FXは短時間でできるから、私にとっては都合が良くて面白いのです。昼間の仕事を終えて、夜の楽しみなっている私のFX。短いときは1時間で十分に楽しめて、ゲーム感覚でできますからね。

私にとってのFXの面白さは、予測があたって利益分が証拠金に上乗せされたとき。FXって他の投資が複雑なのと違って単純。為替がどう動くかを予測する、上に行くか下にいくのか2つに1つです。

タイミングをみてエントリーしますが、このときには緊張感と期待感を楽しむためにFXをやっているとも言えます。

もし予測どおりに動くと、エントリーしたときの額によって大きい利益が自分のところに入ってきます。予測が外れれば、すぐに損切りして決済。予測どおりに動いたときの利益が、旨く行かないときの損失を上回っていれば、お金が増えていきます。

ですからお金が増えていかないFXだと、面白さと反対に苦しさが増していくばかりです。もっと面白くなるように頑張っています。

そんな週末の金曜日、24日の東京時間。豪ドル円は80.5円から、81円台に何とか回復することができました。豪ドルドルも、0.723ドルから0.728ドルまで上がっています。 ほっと一息です。。。

ターンブル首相に対する不信任が広がる仲、与党である自由党は議員総会において党首選を実施しました。その結果モリソン財務省が勝利し、次期首相に決定。モリソン財務省は前首相であるターンブル氏が掲げていた路線を踏襲すると見られており、安心感を誘いました。

ドル円は111円台を維持しており、日経平均株価の好調も相まって勢いがあります。上値として見定めておきたいのは、今月15日に記録した111.4円台。一方ユーロドルはと言うと、1.156ドルあたりまで上昇。意識したいのが、1.159ドル。1.16ドルにつけると、勢いが加速すると予想します。果たして、どうなるのか。。。

通貨ペアのお話し

FXを初めてする人におすすめする通貨ペアは、迷いなく米ドル=日本円です。でもスワップ金利狙いをするなら金利の高い豪ドルとかニュージーランド・ドルと日本円の通貨ペアも美味しいです。

そうは言ってもデイトレードやスキャルピングをトレードスタイルにするのなら、世界で一番取引額の多い米ドルは外せません。取引額が多いということは、耐えず変動しているので、テクニカル分析が有効的に活用できるのです。対米ドル通貨ペアの中でもっとも取引が大きのがユーロ/米ドルです。

しかし我々日本に住んでいるものには米ドルとペアに組むのは勿論日本円。FXをやっていくには、経済や社会状況の変化がスピーディに入って来ないと今後レートがどう動くかの予測が付きません。ですから、FX初心者の通貨ペアとして、米ドル・日本円は外せないのです。FXの基本を学んで行くには、最適ですからね。

まさか値動きの激しい通貨ペアが、FXには最適なんて思ってないでしょうね。

値動きが激しいと大きく稼げるように感じられますが、今後どうなるかの予測が付きにくいということは、ギャンブル性の高いFXになります。

FXとは、テクニカル分析が生かされないと着実な利益は導きだせません。損金を如何に少なくしていって、コツコツ利益を積み上げるのがFXです。そうなってくるとバランス良く値動きする通貨ペアを選んで置かないと収益は膨らんで行きません。

テクニカル分析でしっかりと予測を立ててエントリー。でももし予測に反した動きになった場合には、素早く損きりをする。これが、FXの基本中の基本と思ってトレードしてみてください。きっと手応えが感じられますからね!