絵にかいた餅にならないように

レバレッジがなかったら誰もFXをやらないでしょう。私のFXはまだビギナーの段階ですから、最大レバレッジ25倍なんてかけられません。レバレッジのリスクを考えると危険なFXになってしまいそうです。

私の証拠金は、5万円でスタートさせて、今は10万円までに伸ばすことができています。この10万円の証拠金を使ってレバレッジ25倍だと250万円のトレードができます。仮に1ドル110円が110円50銭になると約1万円の利益。

でもこれは計算上のことで、結果的に旨くいった場合の成功例です。実際のトレードで計算上のように旨くいくかどうかで、「絵にかいた餅」でしかありません。

失敗例としては、1万円の利益を見込んで110円50銭になるのを待っていたら、途中から反転してレートが下がり出して、110円よりも少ないレートになった。レバレッジを掛けていたために損失が大きく脹らんでいくことになるのです。ですから私のFXは、まだ10倍程度のレバレッジで頑張っています。

このように、そんなに大きいレバレッジは掛けていません。まだまだそんな腕前のFXトレーダーではないからです。今迄に何度も高いレバレッジを掛けて、良かったという成功例もあります。でもその反対に証拠金の殆どを失った失敗例があって大変でした。

ベテラントレーダーは、高いレバレッジを掛けているからお小遣いどころか副業として成り立っているのだと思います。そんな高いにレバレッジでも損金を抑えるやり方を自分も身につけたいのですが、どうしたら良いのでしょう。

ベテラントレーダーは、FXの基本をしっかりと守っていて、旨くいかないときは素早く「損切り」。さらに高いレバレッジを掛けて、証拠金が足りなくなって、FX会社からロスカットなんてされることはないのでしょう。

私のFXはまだ未熟な部分が多いので、レバレッジは低目でトレードして損金のリスクを抑える。証拠金を着実に増やしていける実力が備わったところで、少しずつ高いレバレッジを掛けていこうと思います。

目標設定とトレードスタイルを見直す

何かを行なうときに高い目標を掲げることは大切です!「よし頑張ろう」と気持を振るい立たせてくれますからね。

でも出来そうにもない目標設定はFXには当てはまりません。毎月数十万円をFXで儲けるなんて最初から無理だと分かっているのならやらないほう良いのです。そんなに高い損金へのリスクを背負いながらやるには無理があります。

要は自分の今迄のトレード実力の的確な判断ができないとFXはできません。こうすればプラスになるという確実なトレードスタイルの確立です。

現状の為替動向を分析しながら、どこで買ってどうなったら売るかをあらかじめ決めてからトレードをスタートさせるのです。でもそうやっても旨く行かないようであれば、間違い探しをしなければなりません。

ところで皆さんは「何事もこうでなきゃあだめ!」と1つのやり方を押し通すタイプですか?

そうなってくるとFXトレードへもワンパターンスタイルで考えていますよね。FXはやはりデイトレードでなきゃあダメと考えて数時間パソコンとにらめっこが面白いと考えている人って多いいのです。

でもFXはデイトレードだけではなく、ロングスパントレードもあります。チャートを一ヵ月くらいのスパンで見ていくと違ったレートの動きの魅力が見えてきます。

長いスパンでっ予測するので、考える余裕がでてきますし、旨く予測が当たれば大きい利益が転がり込んでくるのです。デイトレードばかりやっているとストレスも多いかと思いますが、ロングトレードでそのストレスを和らげたりできるかも知れません。

ですからFXは二刀流。ロングとショートの2つのトレードでやって行った方が面白みが広がってくるのです。さらにFX会社はそれぞれで別にするとサービスの違いが見えてくるとか、腕も上がって行くのではないでしょうか。

熱戦の後は。。。市場は閑散

ワールドカップ・日本VSベルギーの試合を見た人も多いでしょう。時間帯が時間帯だっただけに、ぐっすり寝ていた方もいらっしゃるでしょう。相手はFIFAランク3位のベルギーです。

当初はベルギーにボコボコにされるとおもいきや、互角以上の戦いを見せてくれました。 前半は0-0の同点。でも後半になると日本が2点を入れて、一気に優位に立ちました。このまま試合が終了すればベスト8進出・日本サッカー史上初の大快挙です。

しかしベルギーも負けておらず、一気に2点を入れて同点へ。そしてアディショナルタイム終了間際にカウンターを入れて、3点目を押し込みました。結果的には負けてしまいましたが、大変素晴らしい戦いだったとおもいます。 もちろん課題は山積みです。でも今は胸を張って日本に帰ってきてほしいですね。

ところで為替の方はどうだったかと言うと、NY時間は、独立記念日でお休みでした。市場参加者は少なく、市場は閑散としています。

ドル円は上にも行かず下にも行かずな状態。ただ欧州時間にデッドクロスが発生したことを受けて、110.8円から110.5円まで下がりました。売りの材料は特に見当たらず、むしろ買いの材料の方が多いほどです。

上値に行けないのは、警戒感が残っているのでしょうか?一方ユーロドルはと言うと、1.164ドルから1.167ドルまで上昇する場面はありました。しかしドル円と同じく動きに乏しく、上下に微妙に動く程度です。

後に控えているのは、ADP雇用統計に米雇用統計です。「完全雇用に近い」とは言われているものの、ここ最近両極端な結果が続いていると思うのは気の所為でしょうか?