英金融政策委員会6対3

昨日の投資家の警戒感も和らぎ、プラス方向へと向きました。きっかけになったのは、米株先物の上昇。ドル円は堅調に推移。株価の好調さだけでなく米債利回りの上昇が材料となり、一時110.7円にまで駆け上がりました。

米中通商問題が、深刻化する前の水準です。このまま111円台へとの期待を持ちたいところですが、東京時間終わり頃には値を下げ、110.6円につけています。

一方ユーロドルはと言うと、1.157ドルから1.155ドルまで下落。ただ大きな動きらしい動きはなく、欧州時間待ちの状態です。 米中通商問題が深刻化した時はどうなるかとおもいましたが、一安心です。しかしトランプ大統領のことだから、また何かしでかすのではと睨んでいるのは私だけでしょうか?

続いて注目の欧州時間、動いたのはポンドでした。1.310ドルにつけていたポンドドルは、1.326ドルまで一気に上昇。ポンド円も、144.5円から146.2円まで一気に駆け上がりました。

一体何があったのかというと、英金融政策委員会です。 英金融政策委員会は政策金利・資産買入枠の据え置きを決定しました。政策金利据え置きの票割れは6対3と、利上げ派が上回っています。

利上げ派増加によりポンド買いが加速。市場としては特に何もないと踏んでいただけに、ちょっとしたサプライズとなりました。 尚ユーロドルは1.15半ばから一時1.150ドルまで下落。

ドル円は東京時間にこそ110.7円につけていたものの、欧州時間になると上値は重く110.3円にまで落ち込みました。ポンド円が急激に上がったことで110.5円まで戻る場面はあったものの、方向感に欠けています。